人生を楽しむ

「ふじの山 登りてみれば 何もなし 良きも悪しきも 我が心なり」

 

江戸初期の富士講(富士山信仰)の指導者
食行身禄の歌です。

 

富士山の神々しさに
救いを求めて登るけれども、

 

登ったから何かがあるわけではなく、
結局は自分の心次第だ、ということです。

 

本当にそうだなぁ、と思います。

 

何かがあるから有難いのではなくて、
有難く感じる自分の心があるからこそ、有難い。

 

人生もそうですね。

 

何かがあるから
楽しい人生を送れるのではなくて、

 

どんな立場でも
楽しもうとする心があるからこそ、楽しめる。

 

僕で言うと、
せっかくお坊さんになったのだから、
お坊さん楽しまな!というですね。

 

先日、堺の福徳寺さんで
今年で5回目の参加となります「火渡り修行」をさせて頂きました。

 

ありがたいな!

 

火渡り修行
 
火渡り修行
 
火渡り修行
 
火渡り修行
 
火渡り修行
 


2 thoughts on “人生を楽しむ

  1. 私も今年は、夢実現への第一歩。ドキドキとワクワクが半々です。
    これまでの人生を「笑い」に変えられるような展開にしたいと思っています。
    弘法寺さんで、月に一度座らせていただく時間に、成長の度合いを確認することにしています。
    失敗もすべて、笑いに変えます(笑)
    二月もよろしくお願いいたします♪

    • 「成長の度合いを確認」して頂く場としてあるのは、
      来てもらう側としてもありがたいことだな、と思います。
      2月も場を整えてお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。