祐寛画伯と子供たち

11月24日に開催された
いずみの国のいつくしみ市」での一コマ。

 

藤原祐寛画伯@いずみの国のいつくしみ市

2019.11.24 SUN

 

高野山画僧・藤原祐寛画伯

子供たちに囲まれながら龍を描く姿は、
まるで江戸時代の禅僧・良寛さんのよう。

 

画竜点睛のことわざの如く、
最後まで描き加えられない龍の目を見て

 

「なんで目がないん。」
「サングラス掛けてるんかな。」

 

という子供たちに

 

「じらしてるねん。」

 

と答える祐寛画伯

 

そして、
最後に目が描き加えられた時に

 

「かわいい目。」
「美人やな。」

 

という子供たちに

 

「ところが僕ね、
龍の目を見ながらこっちに来てみぃ。
龍の目が付いて来るから。」

 

と仰られた時には、
痺れました。

 

藤原祐寛画伯@いずみの国のいつくしみ市

2019.11.24 SUN

 

祐寛画伯
素晴らしい絵と、

 

皆さんにとっても
子供たちにとっても
素晴らしい場をありがとうございました!

 

藤原祐寛画伯(Wiki)
https://ja.wikipedia.org/…/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E7%A5%90%E5%A…

 

#和泉の名所学
#和泉の名所

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。